途中で 目が覚める 眠れない

夜中に途中で目が覚めるとそのまま眠れない

スポンサーリンク

 布団に入ってすぐに眠りにつくことができても、夜中の2時など途中で目が覚めてそのまま眠れないといった経験がある人は少なくありません。
また1度や2度だけでなく毎日のようにこのような状態が続いているという人もいます。
途中で目が覚めるとまた眠ったとしてもぐっすり熟睡した感じはしませんし、まして目が覚める後にそのまま眠れないと眠気だけでなく疲れまで残ってしまいそのまま会社や学校にいっても仕事や勉強に影響を与えてしまいます。
夜中に目が覚める人の特徴として頑張り屋の人が多いです。
仕事のことなどを考えると不安になって夜も眠れず不眠症となる人が多く、結果うつ病となってしまい長期間会社を休むことにもなります。
またコーヒーや紅茶などカフェインが多く含まれる飲み物を摂取しすぎると眠れなくなります。
人にもよりますが、眠る数時間前からはこれらの飲み物を摂取することは控えましょう。
アルコールの大量摂取も眠りを妨げます。

スポンサーリンク

 

夜中に途中で目が覚めて眠れないからといってお酒を飲んだりすることは眠りにつける結果にはつながりません。
考え事をすることもより眠りを妨げることになりますので、何も考えずに眠ることに専念しましょう。
かといって焦った気持でいると体がこわばり緊張感が続いてより眠れなくなるため肩の力を抜いてリラックスした状態を保つことです。
特に眠る前は仕事のことを考えていると眠れなくなるため、就寝前にはお気に入りの音楽をかけてお風呂に入ってから眠ることが大事です。
またお風呂上りにストレッチなどをして体をほぐすことも快眠のための準備として効果があります。
快眠のためにはスポーツで汗を流すことも有効で、スポーツによって仕事や人間関係などのストレスも発散できます。
お香をたくことも香りによって精神を安定させることができるため快眠のためには有効です。
寝酒は眠りにつくことは早くなりますが眠りが浅くなるため疲れがとりにくかったりと逆効果になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加