不眠症 外来 東京

東京在住の不眠症の方は認定医がいる外来病院で治療をしよう

スポンサーリンク

 多くの方が悩まれているのが不眠症です。
眠りにつくまで1時間以上かかる、夜中によく目が覚める、朝起きた時に眠った気がしない、頻繁に夢ばかり見るなどの症状がある場合には、不眠症と診断されます。
1つでも当てはまる症状がある方は、不眠症外来病院で治療されてみてはいかがでしょうか。
東京には複数の不眠症を専門とした外来病院があり、専門医が適切な治療を行っています。
外来病院では主に投薬治療と認知行動療法とで治療が進められ、多くの方が不眠症を改善されています。
医師の指示による正しい知識のもとで薬を服用することで、快適な睡眠に導くのが投薬治療です。
クセになってしまう、いずれ効かなくなるなどの不安を感じることがないため、安心して治療を受けることが可能です。
また、薬を使用しない、薬の量を減らすために用いられるのが、認知行動療法です。
科学的に効果が認められているほか、再発予防にも大きな効果を発揮します。
医師が的確なアドバイスを行ってくれるため、アドバイス通りの生活を送るだけで不眠症を改善できます。

スポンサーリンク

 

東京で外来病院を探す際には、日本睡眠学会の睡眠医療認定医がいるかどうかを重視するといいでしょう。
日本は睡眠医療の分野が世界トップクラスであり、中でも日本睡眠学会には高い信頼が寄せられています。
その日本睡眠学会が認定しているのが睡眠医療認定医です。
認定医でなければ治療をしてはいけないという定めはありませんが、専門的な知識と豊富な経験により様々な症状に対応できるのが睡眠医療認定医の特徴です。
東京には多くの睡眠医療認定医が集中しているため、地方都市より探しやすいのは嬉しい限りです。
また、外来病院で受診する前に、自分で日記を付けることをおすすめします。
昨夜はどれほどの時間で寝付けたか、夜中に目が覚めたか、朝起きた時の満足度はどれくらいだったか、運動はしたか、どのように日中を過ごしたかを日記に付けることで、医師に詳細に症状や状況を伝えることができます。
同じ症状でも原因は人によって異なるため、何が原因なのかを医師がスムーズに判断しやすくなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加