不眠症 自律神経

不眠症は自律神経を整えると楽になる

スポンサーリンク

 「夜よく眠れない・・」という不眠症で悩まれている方は多いのではないでしょうか。
ある調査によると、成人の5人に1人が不眠で悩まされているという結果が出ています。
十分に睡眠がとれないと、日中の活動も気持ちよく行うことが出来ず、仕事や勉強、家事などのパフォーマンスも低下してしまいます。
このため、睡眠の質を上げることは生活全体の質を上げることに繋がると言えます。
不眠症の原因には様々なものが考えられますがその1つとして、自律神経の乱れが挙げられます。
自律神経は、活動を司る交感神経と休養に関わる副交感神経に分けられており、必要に応じて自動的に使い分けが行われています。
不眠症の場合、何らかの原因により活動を司る交感神経が過剰に興奮しており、結果として眠りにくくなっていることが考えられます。
このことから、交感神経の興奮を抑えることで不眠症の改善が見込まれます。
交感神経が高まる原因を把握し、それぞれに対策を立てるが重要になります。

スポンサーリンク

 

自律神経を整えて、より良い睡眠に繋がる対策としてはいくつか挙げられます。
1つは、日中の活動で興奮するものを控えていくことがあります。
過剰なストレスがかかると、交感神経が興奮し、それが夜の睡眠に前影響することがあります。
特にうつ病や自律神経失調症などにかかられている方は、交感神経が興奮しやすい傾向があるため、出来る限り不安や緊張を感じる状況は避けて、リラックスできる環境を整えることで睡眠の質を上げることに繋がります。
また、カフェインの摂取も自律神経の乱れに繋がりやすいものと言えます。
カフェインは交感神経の興奮を高める効果があるため、コーヒーや緑茶などは眠りを妨げる要因として働きます。
このことから、飲料水を水や白湯などに変えることで眠りやすくなります。
眠る前の準備をしっかりと整えることも不眠症の改善に大きく役立ちます。
夜間帯ではTVや携帯など光の強いものを避ける、ぬるめのお湯にゆっくりつかる、ストレッチを行う、飲酒を控える、呼吸法を行うなど、気持ちを落ち着ける方法を用いることが有効です。
不眠症で悩まれている方は、これらの対策を生活の中に組み込むように工夫してみると、今よりも良い睡眠が得られると考えられます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加