眠れない時の対処法 薬

【眠れない時の対処法】眠れない時に薬を飲むのはアリ?

スポンサーリンク

 眠れない時の対処法として、眠れない時に薬を飲むのはアリでしょうか?

 

 「体が疲れているのに眠れない。打つ手は全て打ったのに、満足な効果が出ない。もういっそ睡眠薬に頼ったほうがいいかな・・・」、そんなふうに思うことはありますよね。

 

 眠れない時の対処法として、眠るための薬の服用という手段があります。確実であるように見えて、あまり良い印象を抱かれていないのが現実です。

 

 小説や映画などの影響からか、「睡眠薬は依存性になりそうで怖い」「大量摂取して自殺するケースがある」など、睡眠薬は色々と悪いイメージを抱かれがちです。「どんなに困っても薬だけには頼りたくない」、そう思う方は未だに多いものです。

 

 では、睡眠薬は本当に危険なのでしょうか。眠れない夜に服用するのはいけないのでしょうか。

 

 答えは、適切に服用すれば大丈夫だと言われています。。自分ではもうどうしようもなければ睡眠薬で解決するのもありでしょう。心療内科や精神科で処方してもらいましょう。市販薬もありますし、それほど怖いイメージはないはずです。

 

 ただし、ここで薬に頼りっきりにならないように注意してください。例えば便秘薬では、よほどの時に使うのならまだしも、日常的に使っていれば自然に自分の力で排便ができなくなります。睡眠薬もそれと同じで、頼りっきりでいると自分で眠る力を失います。睡眠薬に頼って依存症になるのは、そのためなのです。

 

 ですから、薬に頼ること自体が悪いわけではありません。薬に頼るのは本当に困ったときにとどめて、そうでもなければ本来の入眠リズムを取り戻すようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加