赤ちゃん 眠れない 病気

赤ちゃんが眠れないのって病気??

スポンサーリンク

 眠れない赤ちゃんを見て「これって病気?」って思ったことのある方はいると思います。

 

 不眠症や睡眠障害というものは、大人だけが抱える問題だと思われがちですが、じつはそうでもないようです。赤ちゃんだって眠れない病気に苦しむことがあります。子育てを始めたママさん達に、心当たりがある方は少なくないかもしれませんね。

 

 今回は、赤ちゃんがどんな眠れない病気を抱えるか、そしてどのように対策していくべきかお話します。

 

 「赤ちゃんはよく眠る」と思われがちですが、本来赤ちゃんの主な仕事である「眠ること」が上手にできない赤ちゃんだっています。昼寝はできるのに夜は全く眠れないなど、バランスが悪くなることもありますよね。

スポンサーリンク

 赤ちゃんの眠れない病気はそこまで深刻なものではありませんが、だからと言って放置しておくと発育に大きな支障が出ることは避けられなくなります。眠るべき時に眠らないと、脳を休めることができないからです。その結果、神経細胞の機能や成長が妨げられ、学習能力の低下や感情コントロールの障害となる可能性があります。赤ちゃんの頃にしっかりと睡眠リズムをつけておくことは、非常に大切なことなのです。

 

 ですから、赤ちゃんが夜に眠れない、夜泣きがひどい場合はすぐにでも対策することが大事です。病院などで相談することももちろんですが、普段の生活リズムの見直しから考えましょう。昼寝の時間を短めにし、その分散歩に出かけたり一緒に遊んだりして、夜にしっかり眠れるようにしてあげましょう。朝は規則正しい時間に起こしてあげるのもポイントです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加