眠い 眠れない 病気

眠いのに眠れない、これって病気?

スポンサーリンク

 眠いのに眠れない。これは病気なのではないかと思ったことはありませんか?

 

 とても眠いのに眠れない。そのせいか日中は疲れ気味、それでも夜は眠れない・・・「もしかして、自分は病気なんじゃないか?」と思うことってありますよね。すぐに「まさか・・・自分に限って」と否定したくなりますが、十分に病気の可能性があります。

 

 眠れない状態を侮ってはいけません。そこで、眠れない状態からどんな病気が考えられるのか見てみましょう。

 

 一番よく考えられるのはメンタルヘルス系の病気です。十分な睡眠がとれていないと心身ともに健康を保つことは不可能ですし、それが原因でうつ病などを引き起こす可能性があります。不眠症自体も日頃のストレスや心配事に悩んだ結果となって発症するものです。日頃のストレスが不眠症を引き起こし、不眠症がストレスを悪化させるという、悪循環を引き起こす可能性も避けられません。

スポンサーリンク

 現在ではまだメンタルヘルスの病気に対してまだ理解が浅いですが、とても軽視できるものではありません。うつ病が悪化すると仕事や勉強をするどころではないほどに気分が落ち込み、最悪の場合は自殺を引き越す可能性も高いからです。

 

 その他、睡眠リズム障害や睡眠中以上障害など、心の病気とは関係がないものも挙げられます。いずれにせよ、眠れない状態が続くのは大きな問題なので、早めに病院で診察を受けて対策を考えていくことがベストです。

 

 眠れない病気は思っている以上に深刻なものです。早めの対策がベストですね。眠れない状態から一日でも早く脱して、充実した生活を目指しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15、〜眠れない病