咳 眠れない 病気

咳で眠れないのは病気?その意外な正体と対処法とは!?

スポンサーリンク

 咳で眠れない経験をしたことがあると思いますが、今回はその原因と対処法について考えてみたいと思います。

 

 充実した日常生活を送るためには、十分で快適な睡眠をとることは必須条件ですね。それでも、どうしても眠れない日々はあるもの。それが続いてしまうと心身ともに不健康な生活を送らざるを得なくなります。

 

 不眠の原因には色々とありますが、中には不眠の原因とは特に関係なくても不眠を引き起こすものがあります。「咳で眠れない」と悩む方もいることでしょう。今回は眠れない病気のうちのひとつ、「咳」について考えてみましょう。

 

 夜中に咳き込んでしまって眠れない。どうしても眠るだけの落ち着きを保てない・・・そうした経験がある方は少なくないでしょう。眠ろうとしようが何だろうが、咳は勝手にやってくるものであり、抑えるのは容易ではありません。早く快復して体力を養いたいのにこれでは、辛すぎますよね。また、夜になってからひどくなる咳もあるようです。

スポンサーリンク

 原因として最も有力なのが、やはり風邪です。風邪をひいてしまうと色々と症状があらわれますが、自分で自制のきかない咳はどうしても厄介ですよね。それでも、咳をすることによって体内から悪いものを出しているので、それほど神経質に捉える必要はありません。

 

 夜中の咳が気になるようなら咳止めの薬を飲み、しっかり眠って体力を取り戻しましょう。
 もっとも、咳の原因は喉が乾燥することによるものです。寝るときにはちょっと水で塗らしたマスクで鼻と口を守ると、苦しい咳を和らげることが可能です。
 しかし、本格的に治したいのであれば、病院で適切な処置を受けるのがベストです。眠れないほどに咳が激しくなるのは、風邪がかなり深刻なレベルまでに悪化していますからね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加