夜 不安感 眠れない

夜の不安感で眠れない原因とは!?

スポンサーリンク
 

 夜の不安感で眠れない原因について考えたことはありませんか?

 

 「夜にいつも眠れない」という方に質問です。夜、寝る際にいつも何か考え事をしていませんか?

 

 眠るべき時間に眠れない方に限って、夜にくよくよと考えてしまう傾向があります。それは、健康的な睡眠のためには害でしかありませんから、今すぐやめるのが賢明です。しかし、やめようと思ってもなかなかやめられないのが実情ですよね。

 

 では、どうして夜に悩んでしまうのでしょうか。今回は眠れない原因として、夜の不安感についてお話します。

 

 夜というものは、朝や昼間に比べると静かな時間帯です。そういうときに限って、私たちは不安感に悩まされやすいものです。仕事のストレスや人間関係のいざこざなど、考えがきりがないほどの不安感がありますよね。

スポンサーリンク

 また、日中と比べて私たちは夜に悩み事を考える傾向があります。それも、日中であればさらっと水に流してほかのことに意識を集中させられるものですが、夜は眠るための時間ですから困ったことです。活動的に動くための時間ではないためか、その分悩むことに意識を持っていかれてしまうのです。夜に悩みやすいのは時間帯としての特質から来るのですね。しかも、悩めば悩むほどに不安感が高まってしまいます。

 

 こうして考えると、夜の不安感は大して真剣に取り合うほどのものではないことがわかります。ほかにすることのない夜だからこそくよくよ悩むのであって、不安感の本質がそれほど深刻なわけではないのです。朝起きてそれでも不安に感じるものでなければ、その悩みはスルーして大丈夫ですよ。ほかに楽しいことを考える方がはるかに幸せです。

 

 とはいっても、私のように病院に行ってもどうにもならないときもあります。ここで注意することは、自分に合う医者もいれば、合わない医者もあるということです。精神科や心療内科で自分に合う先生を見つけることができるといいですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加