生理前 眠れない 妊娠

生理前に眠れない原因と妊娠初期に眠れない原因の意外な正体と対処法とは!?

スポンサーリンク

 妊娠初期と生理前に眠れない原因は実は似ているのです。

 

 眠れない原因は色々とありますが、女性特有の原因もあります。それとは、まさにホルモンバランスの乱れです。

 

 「生理が来ると眠れなくなる」「妊娠初期はなかなか睡眠がとれなくて辛い」、女性の方からは絶えずこんな悲鳴が聞こえてきます。ホルモンバランスが乱れることにより、普通の生活を送ることが困難になるためですね。もちろん、眠る時にも様々な障害を抱えることとなります。

 

 特に生理前と妊娠初期では症状が似ているようです。そこで、生理前と妊娠初期に眠りづらくなるメカニズムについて見てみましょう。

スポンサーリンク

 女性のホルモンバランスは生理中と妊娠中にだけ乱れると思われがちですが、実はそうでもありません。生理の数日前ほどに生理前という期間があり、その頃からホルモンバランスが乱れ始めるのです。

 

 女性ホルモンには「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(ゲスターゲン)」とがあります。生理中でない時は卵胞ホルモンの働きが優位になり、生理前または生理中、妊娠中は黄体ホルモン、ということとなります。黄体ホルモンの分泌が盛んになるとイライラしやすくなり、肌荒れや便秘に悩まされます。そんな気持ちから眠りづらくなるのです。

 

 しかし、眠れないままで過ごすのも酷な話ですので、この期間は体を大事にして過ごすようにしましょう。体を温めて快適に過ごすことをおすすめします。冷たい飲み物の摂り過ぎは控えましょう。体調管理が難しい時期だからこそ、体を大切にしなければなりません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加