生理前 眠れない 原因

生理前に眠れない原因と意外な対処法とは!?

スポンサーリンク
 

 ストレス、不安、運動不足など、夜眠るべき時間にしっかりと眠れない原因はたくさんあります。しかし、女性特有の原因もありますよね。今回は、女性のお悩みの「生理」にフォーカスし、不眠の原因を探っていきます。

 

 女性が生理で眠れなくなるのは、ホルモンバランスの移り変わりが理由だとされています。生理でないときは卵胞ホルモンの働きが優位になり、生理中は黄体ホルモンの働きが優位になります。黄体ホルモンの働きが活発になると、肌荒れやむくみ、便秘、気持ちのイライラ感や倦怠感などに苦しむこととなります。また、ひどい腹痛を伴う生理痛があることも有名ですよね。よく「生理は病気でない」説が出回っていますが、病気ではなくとも色々と苦しむことは多いのです。

スポンサーリンク

 こうした症状は生理中だけに起こるものだと考えられがちですが、生理が来る前にも感じることがあるそうです。人によっては生理前の方が症状が重い、というケースもあります。

 

 こうした症状の他にも、眠れないという悩みをよく聞きます。これは先にもお話したとおり、ホルモンバランスの働きによって気持ちが落ち着かず、眠りにくくなっているためだと考えられます。

 

 体のあちこちで不調が起こり、さらには眠れないという困難な時期ですが、こういう時だからこそ体を大事にしましょう。一時的な悩みですので、それほど深く思いつめないように気をつけ、なるべく体を冷やさないように過ごすことが大事です。普通に生活を送るのが辛いようであれば、一日休んだほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加