生理前 眠れない 漢方

生理前に眠れないときに、漢方が効く!!【眠れない時の対処法】

スポンサーリンク

生理前に眠れないときに、漢方が効くでしょうか?

 

 生理になると、独特の腹痛やお腹の張り、便秘やむくみ、肌荒れ・・・それに加えて気持ちのいらいらや不眠など、辛いことが多いですよね。生理の期間は大体5日ほどですが、これだけの期間を憂鬱に過ごすのは酷なものです。

 

 しかし、こうした症状に悩むのは生理中だけではありません。生理が来る前にも、このような悩みを抱える女性は少なくないのです。女性のホルモンバランスは卵胞ホルモンと黄体ホルモンによって支えられています。この2つはそれぞれ2週間ほどずつ機能します。生理中には黄体ホルモンの働きが盛んになりますが、2週間ですから生理前にもこの働きが活発になることがあります。そのため、まだ生理が来ていなくても生理中のような症状に悩むこととなります。人によっては、生理の時よりも症状がひどい、というケースもあります。

スポンサーリンク

 ホルモンバランスの問題ですから、病気とは言えないにしても、こうした症状は非常に辛いものです。また、眠れないのも問題ですね。こうした場合への対策として、今回は漢方についてお話します。

 

 生理前の症状が余りにも辛いのであれば、市販薬や病院で処方される薬に頼ることを考えてもいいでしょう。しかし、なるべくナチュラルにケアをしたいという方は漢方がおすすめです。漢方薬を使った治療法で、長期的にはなりますがじわじわと着実に症状を和らげ、生理に悩みにくいように体質改善ができます。西洋医学では手の届かない治療法が豊富なので、視点を変えてみるのもいいでしょう。

 

 生理中でも生理前でも快適に過ごせて、ぐっすり眠れるためにも、漢方は試してみる価値があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加