臨月 眠れない 苦しいとき

臨月で眠れない・苦しいときの意外な対策方法とは!?【眠れない時の対処法】

スポンサーリンク

 臨月で眠れなくて、苦しい時ってあると思います。

 

臨月は妊娠期間中でも最も大切な時期の一つですね。お腹が大きくなって「もうすぐ赤ちゃんと会える」と期待と高揚感があるものの、ちょっとした不注意でも悲しい結果を招いてしまう可能性が高い時期ですから、その分神経質にもなります。

 

 また、臨月中の女性からは「苦しい!眠れない!」という声をよく聞きます。

 

 臨月ではもうお腹はかなり大きくなっていますので、動くのはもちろん眠ることも難しくなってくるのです。下手に動くと赤ちゃんに影響が出てしまいますから、寝づらいことは確かですね。お腹が大きくなることにより、子宮が膀胱を圧迫するようになります。そのため、眠っていても夜中のトイレで起きてしまうことも避けられません。

スポンサーリンク

 臨月に体力を消耗しやすくなるのも、不眠の原因となります。日中に疲れて眠ってしまうので、夜になって目が冴えてしまうことがあります。

 

 でも、万全の体調で赤ちゃんに会うためには、やはりしっかり眠りたいところですね。そのためには、なるべく病院で相談するなどして解決策を探すのが一番です。一人で悩んでいても悩みは深くなりますし、最悪の場合ノイローゼになってしまうこともあります。そうなる前にも専門家から適切なアドバイスを受けることが必要です。

 

 適度な運動を心がけるのも大事です。臨月期間なので激しい運動はできませんが、軽いストレッチ程度ならヨガなら気分転換にもおすすめです。出産後に産後うつになる女性もいるので、そのための予防としても役立ちます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加