臨月 眠れない 夜食

臨月で眠れないときの対処法として夜食はどうなのか!?

スポンサーリンク

 臨月に眠れないとき、夜食をとってもいいものでしょうか?

 

 妊娠期間の最終ステージである臨月。長いあいだ頑張ってきた気持ちを誇らしく思えて、もうすぐ赤ちゃんに会えるのが楽しみでたまらない季節ですよね。周りから見ても臨月を迎えたママは神々しく見えるほど、この時期の女性は輝いているのだとか。

 

 でも、何しろお腹が大きくなっていますから良いことばかりではありません。お腹が大きくて動きにくいのもありますし、万が一の不幸や赤ちゃんに悪影響がないように最新の注意を払って生活しなければなりません。それでも何かとストレスが溜まる時期ですし、何より「眠れない」と嘆くママたちは多いものです。

スポンサーリンク

 お腹が大きくなって動きにくいことに加え、子宮が膀胱を圧迫することによってトイレが近くなること、そして胎動の激しさなど、眠れない原因はたくさんあります。眠れない状態でそれでも眠ろうと奮闘するよりは、一旦気持ちを切り替えたほうがよいでしょう。では、切り替えとして、臨月で眠れない夜に夜食をとっても大丈夫でしょうか。

 

 答えは、「重たいものは避けるべき」に限ります。夜食をとって心を落ち着けるのはいいことですが、消化のために体が起きてしまうからです。妊娠期間でなくとも下手に夜食をとると寝苦しいのですから、臨月ならなおさらですね。

 

 どうしても夜食をとりたい場合は、なるべく消化にいいものを選びましょう。食べ物よりも飲み物がおすすめです。ホットミルクやココア、ハーブティーなどカフェインを含まない飲み物をいただき、心を落ち着けて気持ちを切り替えましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加