臨月 お腹 苦しい 眠れない

臨月でお腹が苦しい!眠れないときの原因と対策法とは!?

スポンサーリンク

 臨月中、お腹が苦しくい!眠れない!そんなことはありませんか?

 

 「今は臨月なんだけど、お腹が苦しくて夜に眠れなくて辛い」と悩んでいるママさんたちに質問です。仰向けになって眠っていませんか?

 

 臨月は妊娠期間の最終ステージであり、最も誇らしいと同時に最も厳しい時期ですよね。お腹が大きくなると動きにくく、何より眠るときにそれを実感するママたちは多いのです。

 

 臨月中に眠りづらいのはもはや常識ですが、いつもの寝る体勢を工夫すればこの時期でも安眠は可能です。では、臨月中に気をつけておきたい体勢と、おすすめの体勢についてお話します。

スポンサーリンク

 まず、避けたいのは仰向けの大勢です。普通ならば姿勢のためにも仰向けて寝ることがりそうですが、臨月中では好ましくない大勢となります。実際に仰向けになって寝苦しいことからわかるように、大きくなったお腹が子宮を圧迫して貧血気味になり、眠りづらくなります。赤ちゃんが低酸素状態になることもあるので、ママにとっても赤ちゃんにとっても仰向けで寝るのは避けるべきです。

 

 一番オススメは「シムスの体位」です。これは体の左側を下向きにし、右側を上に向けてうつ伏せに近い形での体勢となります。左手と左足を少し後ろに曲げ、右手足を前に曲げるとより眠りやすくなります。うつぶせに近い形での状態が辛ければ抱き枕やクッションなどを使うと楽になります。

 

 そして、眠れない時に焦りすぎないのもポイントです。臨月は眠りづらい時期であることを受け止め、眠れない夜があったとしてもおおらかに構えていましょう。余裕を持って生活すれば、かえってしっかり眠れることもありますからね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加