妊婦 眠れない 原因

妊婦さんが眠れない原因と意外な理由とは!?

スポンサーリンク

 妊婦さんが眠れないという話はよく聞きますが、どのようなことが原因なのでしょうか。

 

 妊娠すると、一気に自分も周りもおめでたいムードになりますが、妊婦さんになったママとしては色々と体調管理が大変な時期になりますよね。つわりや腹痛やストレスなどの妊娠中ならではの症状が色々とありますし、赤ちゃんが元気で生まれてくるように健康的に過ごす必要があります。

 

 しかし、そんな健康的な生活を送るのはとても大変です。中でも「妊娠中は眠れない」と悩むママが少なくありません。そこで、妊娠中になぜ眠れなくなるのか、その原因を探ってみましょう。

 

 まず、妊娠初期でママの体の環境は大きく変わり始めます。ひとりの女性としての体から、赤ちゃんを守るママの体へと変わっていくのです。女性ホルモンは卵胞ホルモンと黄体ホルモンとありますが、妊娠すると黄体ホルモンの働きが優位になります。この黄体ホルモンの働きが活発になると、ストレスが溜まりやすく眠りづらい時期になります。

スポンサーリンク

 多少の慣れはあるものの、妊娠初期だとまだママの体がその環境になれないため、色々と問題を抱えやすいと言われています。
 妊娠中期では比較的体調は安定しますが、お腹が大きくなる時期でもあります。そのため、妊娠前ならどんな体勢でも普通に睡眠がとれたのに、この時期になると体勢次第で気分が悪くなったり息苦しくなったりします。

 

 臨月になるとお腹の大きさはピークになります。ただ動くだけでも大変なのですから、寝るとなるとさらに難しく感じます。仰向けで寝ると息苦しく感じますし、また下を向くようにして寝ると気分が悪くなると言われています。

 

 妊娠中は何かと睡眠が安定しない時期です。それを受け入れた上での健康管理が重要となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加