妊婦 眠れない 臨月

臨月の妊婦さんが眠れるために意外な眠れない原因と対策方法とは!?

スポンサーリンク
 

臨月の妊婦さんが眠れるために意外な眠れない原因と対策方法とは!?

 

妊娠初期、中期を経て臨月を迎えたママさんは、周りから見ても神々しく感じるもの。これまでの辛い時期を乗り越えてきた達成感と、これから待望の赤ちゃんに会える喜びから、到底かなわないほどのオーラを放っていますよね。
しかし、そんなママさんたちにも人知れず悩みがあるのです。それは、「眠れない」ということ。

 

臨月を迎えるととにかくお腹が大きくなりますし、赤ちゃんも成長しているので胎動も激しくなります。こうしたことがあいまって、臨月の妊婦さんは眠ることが難しくなっているのです。

 

でも、臨月でもしっかり眠っておきたいですよね。そこで、眠れる方法を考えてみましょう。

スポンサーリンク

この時期の妊婦さんは安定した姿勢で眠ることが困難になってくるので、体勢を見直すのがポイントです。お腹が大きくなってくると仰向けとうつぶせで寝るのは気分がいいものではありませんし、何より赤ちゃんにとって危険なものです。そこで、右半身を上に向け、左半身を下にする「シムスの体位」がおすすめです。抱き枕などを使って安心感を得るのもいいですね。

 

適度な運動を心がけるのも大事です。しかし、お腹が大きくなっているので激しい運動はNGです。気軽な散歩や軽いストレッチをできるときにこなすようにしましょう。睡眠不足は運動不足からくるケースが多いので、これを機会に体を動かしてみましょう。安産のための体力作りや産後うつの予防にもなるので、メリットが多いです。

 

姿勢と運動に気をつけ、少しでも快適な臨月を過ごせるといいですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加